本文へジャンプ

乳がん術後のリンパ浮腫について


乳がんの術後は術直後から数十年後まで、乳がん手術に伴ってリンパ節を郭清すると腕が腫れます。乳がんのリンパ節生検だけでも腫れることがあります。これは、リンパ管は老廃物の中でもタンパク質などの大きな分子を除去するシステムで、リンパ節を取り去ってしまうとリンパ管システムが破たんし、皮下組織にタンパク濃度の高い液体が貯留することが原因となっています。手術が生命の流れ、システムをせき止めるために起こる合併症の良い例です。治療は弾性包帯などを用いた圧迫、患肢の挙上、運動などを総合的に組み合わせます。


  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

無料問診相談申込み

ページトップへ