本文へジャンプ

乳がん(癌)について1

医師・臨床心理士のア谷博征と申します。乳がんは米国、英国を中心とした先進国に多いガン疾患です。米国では女性が生涯において乳がんと診断される割合は13%以上(死亡率はさらに高い)と見積もられています。東ヨーロッパ、中東、日本を含めた極東では比較的乳がんの発症率が低いことが指摘されていました。しかし、日本やシンガポールでは過去二、三十年で倍増しています。平成21年度の日本での乳がん死亡率は18.5%でガン疾患のなかでは4位となっています。

米国では乳がんは閉経後の60歳代に多くが発症しますが、日本の乳がんの平均年齢は40〜60歳で若年にも発症します。

乳がんの発症には、現代社会での多くの環境因子(エストロジェン感受性の乳がんに対するエストロジェン刺激やある種の化学合成物質の暴露など)の深い関与が指摘されています。乳腺組織に含まれる難燃剤は、サンフランシスコ在住の女性は日本やEUの女性の3〜10倍もあったという報告もあります。

一般的な乳がんの危険因子とされている、初潮年齢、出産数、初産年齢、母乳保育、閉経状態、閉経年齢、ホルモン補充療法の使用、肥満度、飲酒などと乳がん発症の遺伝子異常との間には相互関係はないと報告されました(『The Lancet, Volume 375, Issue 9732, Pages 2143 - 2151, 19 June 2010』)。

すでに学問の世界では遺伝と環境因子という明確な二分法ができないことが証明されていますが、現代医学ではまだ遺伝子と環境を分けて考える習慣から抜け出せていないようです。

現代の医学では、まだ乳がんの発症の原因は複雑で解明できていないと言っても過言ではありません。その場合、「予防原則」(危険の可能性のあるものには近寄らない)に従って治療をすすめていくことになります。

なぜなら、その当時にはっきりと証明できなかったことも何十年後かには明らかになる事例が後を絶たないからです。

乳がんの自然治癒法

乳がん発症の原因は、乳腺組織に慢性炎症を起こすトリガー(誘因)がどこにあるのかを突き詰めることで明らかになります。

慢性炎症が起こる最大の原因として、腸からの発がん物質および自己免疫誘発源(Autogen:オートゲン)の侵入があります(腸粘膜に穴が開き、そこから異物や未消化のタンパク質が侵入する「リーキーガット」という現象です)。

その他にも皮膚(経皮的)、あるいは気道、肺の粘膜など外界の異物に接する場所から慢性炎症を起こす物質や発がん物質が入ってきます。

こういった発がん物質、異物侵入と各個人の遺伝子の相互作用で慢性炎症を起こす濃淡が変わってきます。では、乳がんはどうやれば進行を防ぎ、治癒させられるのでしょうか?

崎谷研究所では乳がんの根本治療として以下の4つのステップを実行して頂いております。。

乳がんの自然治癒法4項目

1.自己免疫誘発源となるウイルス、バクテリア、食品、毒性物質などを避ける。

2.ナチュラルパレオレベル:食事法で腸からの自己免疫誘発源の侵入を断つ(リーキーガットを防ぐ)。

3.ファイトネスパレオレベル:私たちの遺伝子に適合した運動を取り入れることで慢性炎症の促進物質であるインシュリン、レプチンを低下させる。またトコンドリアの数を増加させることで慢性炎症を抑える。

4.メディカルパレオレベル;ライフスタイル改善で完全に自然治癒させる(食事を含めトータルした生活習慣改善を行う)

この4つのステップは欧米の一流医学雑誌にすでに多数掲載され、実績のある「パレオ食事法」をベースとした自己治癒力を引き出す乳がんを完治させる自然治療法です。

  • 無料問診相談
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

ページトップへ