本文へジャンプ

乳がん(ガン、癌)の一般的な特徴・症状についてお話します。

  • 乳がん(ガン、癌)の症状
  • 腫瘤をして発見されることが多いですが、乳房の外側1/4に硬いしこりとして触知できます(マンモグラフィーで検知可能になる直径1mmの乳がん(ガン、癌)は、約6年、触知可能になる直径1mmの乳がん(ガン、癌)は約9年で形成されるといわれています)。
  • 他の乳腺疾患(乳腺症、乳腺線維腫)よりも硬く、境界が不明瞭という特徴があります。
  • 進行乳がん(ガン、癌)では、えくぼ状の陥凹や皮膚に直接浸潤すると橙皮様皮膚がみられます。
  • 乳がん(ガン、癌)の特徴
  • 乳がん(ガン、癌)は乳腺組織から発生した悪性腫瘍なので、エストロゲン依存性です。このことから40代〜閉経前後の女性の多く認められます。以下のようなエストロゲンに多くさらされている人ほど危険性が高まります。
  • 初経が早く、閉経が遅い女性
  • 妊娠経験が少ない女性:エストロゲンに拮抗作用をもつプロゲステロン分泌期間が短い。
  • 肥満の女性:閉経後も脂肪組織に蓄積されたエストロゲンにさらされるため。

  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

無料問診相談申込み

ページトップへ