本文へジャンプ
(54)2013.2.8
乳房温存術を受けた女性の術後3カ月以内の再手術率は20%と高い
(53)2013.1.15
タモキシフェン使用が高齢乳がん女性の糖尿病リスクと関係
(52)2012.12.6
妊娠中でも乳がん治療は可能
(51)2012.11.7
乳がん患者に対するCMF療法:認知機能に長期的影響及ぼす
(50)2012.8.21
乳がんの5〜7%は遺伝子再構成が原因
(49)2012.7.3
乳がん患者さんへのMRI検査:施行増加も恩恵少ない可能性
(48)2012.6.14
原発性乳がんが神経学的障害に関連
(47)2012.5.18
マンモグラフィ検診、開始10年は有害性が勝る可能性
(46)2012.4.16
少量の飲酒でも乳がんリスクが上昇
(45)2012.3.27
でんぷんの多い食物が乳癌(がん)再発リスクを高める
(44)2012.3.16
崎谷医師のインタヴュー収録
(43)2012.2.10
センチネルリンパ節の潜在性転移は早期乳がんでは全生存率と関連せず
(42)2012.1.13
FDAがアバスチンの進行乳癌(がん)への適応承認を取り消し
(41)2011.12.19
世界の女性の乳がんは30年間で2.5倍以上増加
(40)2011.11.15
植物性ポリフェノール・リグナン腸内細菌代謝物質高値のER陰性閉経後乳がんは予後が良い可能性
(39)2011.10.25
マンモグラフィによる乳がんスクリーニング 死亡率低下効果見られず
(38)2011.10.17
エストロゲン受容体(ER)陽性早期乳がん:術後のタモキシフェン療法で15年死亡リスクを3分の1低減
(37)2011.9.5
閉経後女性のホルモン補充療法:開始時期が乳がんリスクに影響
(36)2011.8.25
リンパ節転移数の多い腫瘍径の小さい乳がんは進行が早い
(35)2011.8.17
「カクテル効果」と放射能対策
(34)2011.6.15
閉経後乳がん,身体活動量の増加とホルモン補充療法(HRT)回避で3割が予防可能
(33)2011.6.6
うつも慢性炎症疾患
ミトコンドリアを活性化し慢性炎症を抑える九つの生活習慣でうつが改善する
(32)2011.5.24
高度の受動喫煙も閉経後女性の乳がんの危険因子に
(31)2011.5.17
ミネラル含有熱処理酵母に放射線防護効果を確認、被ばく後投与でも。独立行政法人放射線医学総合研究所の研究チームがマウス実験で実証
(30)2011.5.9
常在微生物を今こそ生かす「手づくり味噌」が被ばくを抑えるー長崎原爆の報告から
(29)2011.4.12
放射能も微生物で分解される2
(28)2011.3.28
放射能も微生物で分解される
(27)2011.3.14
遺伝性乳がんの早期発見 マンモグラフィよりMRIが優れる
(26)2011.2.15
乳癌(がん)患者におけるベバシズマブと心不全を関連づけるさらなるエビデンス
(25)2011.1.25
FDAがアバスチンの乳癌(がん)への適応取り消しを勧告
(24)2010.11.9
健康的な3つの習慣が乳癌(がん)リスクを軽減
(23)2010.10.5
遺伝子変異キャリアへの乳房切除術や卵管卵巣摘出術、がん発症・死亡率を大幅に減少
(22)2010.9.8
ブロッコリーが乳がんの幹細胞を抑制
(21)2010.8.12
乳癌(がん)治療薬の新しいガイドラインを発表
(20)2010.7.12
乳がんで使用される抗がん剤(まとめ)
(19)2010.7.7
30歳代半ばまでの化学物質曝露が乳がんの発症リスクに
(18)2010.6.2
イラクで乳がんが増加
(17)2010.5.11
β遮断薬は乳癌の転移を減らし乳癌死亡リスクを低減
(16)2010.4.28
炎症性受容体の阻害で乳がん幹細胞が死滅
(15)2010.3.9
乳がんホルモン治療薬タモキシフェンと抗うつ薬パロキセチンの併用で死亡リスクが上昇
(14)2010.2.1
米国で波紋呼んだ40歳以上のマンモグラフィ検診について厚労省が見解
(13)2010.1.12
大豆食品の摂取が乳癌サバイバーの死亡と再発リスクを低減
(12)2009.12.9
乳癌手術の2年後も、半数の患者が疼痛に悩む
(11)2009.11.10
米国で予防的乳房切除術が増加。11年間に高リスク女性で微増、既往者の反対側切除は倍増
(10)2009.10.6
35%は治療不要の過剰診断、乳がん集団検診プログラムに功罪
(9)2009.9.9
乳がん術後のリンパ浮腫について
(8)2009.8.3
片頭痛があると乳癌リスクが小さくなる
(7)2009.7.8
高インスリン値で閉経後女性の乳がんリスクが上昇
(6)2009.6.3
乳がんホルモン療法:レトロゾールはタモキシフェンよりも認知機能を維持しやすい
(5)2009.4.5
肥満手術に乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの予防の可能性
(4)2009.4.1
アジア系米国人女性で低い検出率乳がんBRCA遺伝子変異スクリーニング性
(3)2009.3.10
食事療法で乳がん再発予防の可能性
(2)2009.2.22
新薬の早期承認は安全性に疑問
(1)2008.11.4
肥満女性で攻撃的な乳がん

  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

無料問診相談申込み

ページトップへ