本文へジャンプ

世界の女性の乳がんは30年間で2.5倍以上増加


世界の女性の乳がんと子宮頸がんの発症はこの30年間増加を続けており,特に乳がんの発症は2.5倍以上増加していることが報告されました(Forouzanfar MH, et al. Lancet 2011; 378: 1461-1484.)。

世界187カ国の1980〜2010年の死亡率,発症率,人口動態登録,臨床的死因推定に関するがん登録データを系統的に収集し,30年間の乳がんと子宮頸がんの発症および死亡動向を調べられました。

世界の乳がんの発症は1980年の64万1,000例から2010年には164万3,000例に増加し,年間増加率は3.1%だった。子宮頸がんは80年の37万8,000例から2010年には45万4,000例に増加,年間増加率は0.6%でした。

2010年の乳がんによる死亡は42万5,000例で,うち6万8,000例が発展途上国の15〜49歳の女性でした。乳がんによる死亡は国や地域により著しい変動がありました。一方,子宮頸がんによる死亡は減少していましたが,2010年の死亡は20万例を数え,そのうち4万6,000例が発展途上国の15〜49歳の女性でした。世界的に乳がんが増加しているということは、何らかの環境因子によって引き金がひかれていると考えるのが自然です。昨今の放射能、ホルモン様物質などの人工化合物などの環境汚染の複合作用の結果であることは間違いないでしょう。


  • 無料問診相談申込み
  • 崎谷医師(医学博士・臨床心理士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • ※ご相談内容を厳選して選考の上、
  • ご返答させて頂きます。
  • お申し込みはコチラ

■本情報・記事の著作権は全て崎谷研究所に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

無料問診相談申込み

ページトップへ